先進事例を学ぶ

京都市・大阪市(てんしば)・富士通(株)・和光市へ
先進地視察に行かせていただきました。

京都市では、市の担当者より
○法定外目的税の導入について
○ネーミンライツの取り組みについて、意見交換をしました。
予算に限りがある中、市として財源をいかに捻出するか、
今ある事業を縮小や廃止して守りに入るのではなく
しっかりと現状把握と関係事業者との意見交換を重ね、
市民の理解を得ながら目的を持った事業展開をし
民間活力の活用を図っています

大阪市天王寺区にある「てんしば」では
都市公園の有効活用について
委託契約先の民間業者と意見交換を行いました。
様々な制約がある中
来園者・利用者をいかに増やすか、
行政の負担を最小限に抑える中で、
民間の知恵と資本を活かした運営を学びました。
     
富士通では保育所入所にかかるAIについて、
和光市では地域包括ケアシステムについて、
松山市の現状と照らし合わせながら
課題解決を図っていきたいと考えております。

本当に多くの学びを得た視察でした。
12月議会以降、しっかりと政策提言したいと考えております。

このサイトをフォローする!