通学路をより安全に

通学路をより安全に、
自動車などの運転手への視認性を高めるために、
道路上の白線等を敷設してもらいました。

3月中旬に現地で要望をお聞きし、
教育委員会 通学路担当の職員に写真等を示して説明、
日を改めて、道路管理課や建設課も含めた現地立会いを行い、
こちら側の要望を伝え、具体的なイメージを検討してもらい、
工事発注し、ようやく完了しました。

事故が発生する前に対処ができたことでひとまず安心ですが、
ここからは実際の運用でどうなるのか。







最近はやりのカラー舗装も提案しましたが、
意外と早く消耗するとのことで、
維持管理に多額の費用が多くかかるため、断念。

 また、横断歩道の白線とゼブラゾーンとでは、
 県と市で担当がそれぞれあります。
 市道であっても管理に違いがあります。

このサイトをフォローする!

コメントを残す