防災士の資格を持つ議員の役割

防災士の資格を持つ松山市議会議員で勉強会を開催。
講師は愛媛大学 防災情報研究センター 特命教授の矢田部龍一氏。
「巨大自然災害の時代を迎えて」と題し学ばせて頂きました。



市議として防災への役割として、
事前・発災時・復興時と段階ごとの取り組みについて例示されました。
興味深かったことは、総合評価方式の導入についてです。
優良建設会社の育成を大前提に、
発災時の道路警戒など民間の力を活用するうえで、
建設業総合評価方式の早期導入を松山市で取り組むべきとのことでした。

このサイトをフォローする!

コメントを残す