新たな子育て支援の施設ができました

4月から供用が開始される
「味生児童クラブ」「味生保育園分室」「地域子育て支援センター」を視察しました。
  


味生小学校の使われていない校舎を活用・改修し、
味生保育園の保育室及び児童クラブを拡充するとともに、
手狭となっている味生地域子育て支援センターが移設されました。

保育園の分室は、一時保育と0歳―1歳の保育室。
ただし兄弟がすでに入園している場合は、
両方の園舎への送迎が大変になるので、
どちらの園舎を利用するか選択可能とのこと。

これって、3月議会で質問した
「兄弟が入所している保育園への優先入所」にもつながる考え方であり、
大変なことを理解しているなら、
入園申し込みにも反映するよう引き続き提案してまいります。

室内は、それぞれの布団の出し入れがしやすいように、
個別の棚が設けられていたり、
専用のおむつ収納ケースがあったりと、かゆいところに手が届く設計とのこと。





同じ建物内に位置する支援センターは複数の相談室をはじめ、
調理室や将来的に活用の幅がひろがる部屋が設けられており、
地域の子育ての活動拠点として期待が持てる施設でした。

子育て支援センターとは何か。どこにあるのか?はこちらに。
https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/kosodate/boshi/hoikuichiran/chiikikosodatesien.html




外構工事は年度内に間に合わないため、
先の議会において、新年度の予算計上されていました。

余土地区にも旧余土中学校の移転に伴い、
4月から余土中学校移転後の旧校舎の一部を活用し、
老朽化の進んだ余土保育園や
余土小学校から距離がある児童クラブを集約するとともに、
子ども総合相談センター事務所が整備されます。



このサイトをフォローする!

コメントを残す