【9月議会に向けて】

恒例となった定例会前の情報収集を行うべく、午後から上京し永田町・霞ヶ関周辺を行脚しています。総務省では、地域おこし協力隊の予算措置や活用法など、受け入れに向けた制度について意見交換をしました。またシェイクアウト訓練や地産地消に繋がるイートインの新たな枠組み、松山の海の玄関をフル活用できる観光都市戦略など、9月議会のみならず、これからの政策提言に活かせる意見交換ができました。明日は各省庁の概算要求の傍聴や病児・病後児保育の拡大、地域イノベーションについてレクを受ける予定です。



このサイトをフォローする!

コメントを残す