【静岡市視察】

昨日から静岡県の県庁所在地であり、
政令指定都市の静岡市を視察しています。
静岡市議会では平成24年11月に、
「大規模地震に関する静岡市議会の対応」を策定し、災害発生前から発生時、発災後それぞれの対応を明文化しています。通話が不通の可能性を考慮し、携帯電話メールを連絡手段に、
議長はじめ議員の対応などを定めています。
松山市議会においても、議会の対応を策定するべく今後の検討課題となりそうです。
また議会運営についても意見交換を行い、
静岡市議会では予算や決算の審議を充実させるため、
日数を増やすとともに一括審議ではなく、
補正予算など他の議案は初日に単独で議案提出するなど
独自の方法とっていました。
築年数80年を超える議場では、当時の趣を残しつつ
新しい設備やバリアフリーに配慮した改良もされています。
市の観光資源についても視察を実施。
徳川家康が人生の約3分の1、27年間過ごした駿府。
400年祭に沸く市内各所を、周遊バスで見学。
私が6月議会で質問した撮影ポイントの紹介印が、
駅前の徳川家康公像の正面に設置されていました。
観光地としての心遣いが感じられる写真撮影ポイント。
魅せる観光地にするためにも松山市内でも導入を進めたいと思います。







このサイトをフォローする!

コメントを残す