「つながっているという安心感」

岡部クリニックの岡部院長を講師に、
がん治療を中心とした在宅医療について、
がん対策推進条例策定部会のメンバーで勉強会を開催しました。

松山市の在宅医療を取り巻く環境は、
全国的にみても上位に位置しているとのこと。
医療従事者をはじめ、在宅医療支援センターとの連携など、
24時間365日の体制が構築されていることに改めて感謝。

自身の診療所を構えながら、
訪問診療に走ることは、
もともとは自らが診察した患者の最期をみる、
いわば「かかりつけ医」としての職責を全うした姿である。

今後の課題は、どこが相談窓口になるのか。
いかに相談しやすい環境をつくるのか。
例えば・・・
治療費や薬代について、
看取りの方法について、
接し方について

これからの医療全般に係る課題をいかに解決するか、です

このサイトをフォローする!